安全性と実績の視力矯正法

どこかの津市 歯科がインプラントを使いまわししていた、というニュースがあってから、歯科のインプラントは怖い、歯科のインプラントは危険だ、というイメージが付きました。

眼科のレーシックなどもそうですが新しい治療法は みんなで持ち上げて一例失敗例が出ると 大きく評価を下げたネガティブキャンペーンが行われます。

1例の失敗の影にたくさんの成功があるにも関わらず、1例のみを取り上げて「そらみたことか」とこき下ろすのはいかがなものでしょう。

インプラントを入れる、と決意して、失敗しないためにはどうしたらいいでしょう。

事前の情報収集や 知識をもっておき、歯科医に質問をすることも大切です。

しかし、WEBや本では見つからない情報もあります。

それは「すばらしい治療法」や「最悪の失敗例」などを検索しても「自分の場合は?」については 実際に診てもらうしかないということです。

似た実例はあるかもしれませんが、たとえば 糖尿病の持病がある、持病の薬を飲んでいる、血が止まりにくいタイプ、歯茎が弱いなど 一人ひとり抱えているものが違います。

歯科のインプラントは これまで新潟市 歯医者で選択肢のなかった人にとって福音です。

しかし、歯科は何事もよく検討することが大切です。

何事にも表と裏、メリットとデメリットがあるのです。

動物は歯が抜けると死ぬのです。人間だけが 入れ歯やら差し歯なんかをして、もごもご生きていくわけです。

歯は本当に大事です。

歩行ができなくなった人にきちんとフィットした入れ歯を入れてあげるだけで 歩けるようになった、ということもあります。

或いは 認知症の症状が出てきた人の口腔環境を整えてあげると認知症が改善したということもあります。

噛むことは脳ととても関わりがあるのです。

食べる、歩く、など大切なことは歯と関わりがあります。

私自身の経験からも、うちの義父がすい臓がんになったのですが、入れ歯をするのをある時期からめんどうがるようになりました。

そこから 坂を転げ落ちるように悪くなっていったのです。

私は休日にはコンタクトを入れていませんでした。

合わないめがねで過ごしていたのですが、休日は他人に会わないからいいや、と思っていたのです。

痛い思いをするのは嫌だ、と思って麻酔を打ってもらうにも、

肝心の麻酔が痛いのです。

 

あのちーっとした痛みを想像するだけで 

歯科への足も遠ざかってしまいそうですよね。

 

そんな時には裏技がありますよ。

 

「痛みに強いのか」弱いのかは見分けることはできませんから、

自己申告するしかありません。

 

だから 「麻酔すら痛くて怖い」ことを訴えないといけません。

 

その上で 歯科医に「表面麻酔剤使ってもらえますか?」と聞いてみるというのはいかがでしょう。

これは塗る麻酔剤なので、そんな強い効果はありません。

 

しかし、注射の「ちくっ」を減らしてくれるくらいは望めそうです。

 

歯科で「無痛診療」を謳っているところほど 麻酔使用に積極的。

 

本当は上手な歯科医のとこへいけば、

抜歯も虫歯治療も麻酔なしでも痛くないところもあるんですが。

 

早め 早めの受診が無痛治療への近道ででしょうね。

麻酔自体を痛みを少なくする方法があります。

 

それは「ゆっくり液を注入すること」です。

 

熊本市 歯科で人気が高いのがこちらです。

上の子は、札幌市中央区 歯科で上の歯列矯正で済みましたので、とりあえず一装置。

下の子は、歯科で上下矯正が必要とのはんだんでしたので、2装置ごとの交換です。

うまくいけば、2交換で終了との説明でした。

上の子は、歯科で現在2個目の装置を付けています。

つまりは、7万円×2の14万円也。

上の子は、始めたのが遅く、ほぼ手遅れでした。中学1年生に成り立てのころからつけています。

現在、「閉鎖型」というタイプになったので、この装置で終わると思われます。

装置代のほかにかかる費用は検診代がかかります。2週間に1回で一回500円です。

3年間でざっと36000円程度でしょうか。

やはり 通常の矯正に比べ安いのは間違いないです。

床矯正開始時期については早ければ早いに越したことはないようです。

乳歯のころから診てもらっておくとベスト。

特に乳歯の歯並びが綺麗な子は要注意です。

うちの上の子もそうでしたが、乳歯の歯並びがとても美しかったのです。

レーシックは、他の近視矯正法と比べて、メリットが多数ある視力矯正法ですが、同時にデメリットが存在するのも事実です。

 

そこには人の手による手術という性質上角膜にキズを付けることになってしまいます。

 

そのため、確率的に非常に低いと言われていますが、手術によるリスクというのも伴っています。

 

レーシックの成功・失敗を一番左右するのは、執刀医の技術による手術の精度でしょう。

 

一度手術を行った後に元に戻すことは出来ませんし、再手術が必要な場合でも、角膜に必要な厚さが残っていなければ、再手術を行うことも出来ません。

 

腕のいい先生に出会えるかどうか、が成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

 

そのほかにも術後の感染症、後遺症などさまざまな問題も発生しています。

 

術後の感染症などは、手術後の患者さん自身のケアにも関わってきます。

レーシック手術の主なメリットは3つあります。

 

1:手術時間が短い

 

2:術中・術後の痛みがほとんど無い

 

3:術後の回復が早い

 

人によって様々ではありますが、もしかするとレーシックに一番のメリットといえるのは、裸眼での生活が行えること、ではないでしょうか。

 

メガネやコンタクトから開放されて裸眼で生活ができることは、日常生活においてかなりのプラスになるものがあると思います。。

レーシックを受ける病院を選ぶポイントを挙げておきます。

 

1: 高度な知識と技術を習得した医師のいる病院

 

2: 経験と実績を積んでいる医師のいる病院

 

3: デメリット・合併症についても事前に説明してくれる病院

 

4: 手術を積極的に勧めない病院

 

最低限これらのことだけはチェックした上で、あとは自分の目と耳とフィーリングで「この病院なら大丈夫!」と感じた病院を選びましょう。

 

評判や病院の雰囲気も気になるところではありますが、最後の決め手となるのは自分の感覚が一番だと思います。

レーシックを含む近視治療の起源は1930〜50年代にさかのぼるといわれています。

 

当時、順天堂大学の佐藤教授が、“角膜にメスで切りこみを入れることによって角膜のカーブを弱め、視力を矯正するという方法を行っていた”というのがレーシックの誕生だったと言われています。

 

しかし、当時の技術や設備では、術後に障害が起こることがあった為、日本では、その後の発展はありませんでした。

 

世界中に広まるきっかけとなったのは、1995年に世界でも基準が厳しいと言われるFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可がおりたことによります。

 

日本では、2000年に厚生省の認可がおりて安全性が確認されると共に急速に広がった方法です。

 

日本ではまだ認可が下りてから日が浅いため、わずかに5万人程度しか普及されていませんが、世界では毎年100万人以上がレーシックによる視力回復手術を受けています。

レーシックは非常に安全性の高い視力矯正法のひとつといえます。

 

かつては、使用する機械の精度が低かったこともあり、様々な問題も起きましたが、年々、精度の高いものに移行している為、安全性も比例して高くなってきています。

 

レーシックによる視力回復手術は、人の手による手術であり、手術という性質上角膜にキズを付けることになってしまいます。

 

その為、確率的に非常に低いと言われていますが、手術によるリスクが伴ってしまいますが、症例の多いアメリカでも合併症などの弊害が出るのはわずか1%とと言われています。

最新ニュース

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • 銀座スキンクリニック
  • 美容皮膚科
  • 脱毛ラボ

  • HOME 安心のレーシック 実績のレーシック いい病院の選び方 メリットを知る デメリットも知る